お題6・2007ピンクリボンデザイン大賞

→yahoo!ピンクリボンデザイン大賞・ユーザー投票
 http://pinkribbon.yahoo.co.jp/index.html
投票期間は9月3日から14日。
発表は10月1日。このサイトの掲載は11月末までです。

いつもタイミングの逃してしまうのですが・・・ばっちり投票しました。

ピンクリボンの意味・早期発見の必要性が少しでも正しく伝えることができるように、、
患者のみなさん、関係者のみなさん、投票に参加しましょう。

こうした作品の中に、
世間一般の人たちの乳がんに対する認識の「現実」をみることができます。
分かりやすさも大切なのですが、、、

インターネットは不特定多数の人間が参加するものです。
その中で乳がん患者は非常に少ないと言えるでしょう。
患者、その家族、友人の一票こそが、率直な意見であると思います。
知らせていきましょう。

乳がんで悲しむ人が少なくなりますように。
そして一票を投じる勇気が、あなたの糧になりますように。

これまで、こんな背景もあります。

以前以下のような意見ブログをUPしたことがあります。
2005年のピンクリボン大賞の受賞作品についてです。
結局、ポスター部門で大賞をとった作品がポスターにはなりませんでした。
→ピンクリボンの方向
 http://easylala.exblog.jp/3570537/

それはなぜか?2006年のピンクリボン大賞を募集する際には、 色々な改善がみられました。
→ピンクリボン2006
 http://easylala.exblog.jp/5118064/

これまで30分の1と記載されていた乳がん罹患率。
今年は20分の1になっています。

あなたは何を思いますか?

by easy
[PR]
by hynobius3 | 2007-09-10 00:27
<< お題7・これだけは言わねばなる... お題5・病院や治療について、も... >>